生まれ 東京の下町生まれです。
童話を書くようになったきっかけ 1959年、24才の時ブラジルに移民して2年間滞在。その体験をもとにサンパウロのサンバの踊りの好きな少年の暮らしを描いた「ルイジンニョ少年、ブラジルをたずねて」が処女作です。それから7年してから、童話をかき始め、出版するようになりました。
作品 昭和59年「わたしのママはしずかさん」(偕成社)「ズボン船長さんの話」(福音館書店)で第6回路傍の石文学賞、 昭和60年「魔女の宅急便」(福音館)で第23回野間児童文芸賞、第34回小学館文学賞、IBBYオーナリスト文学賞など、その他にも文学賞を多数受けています。「魔女の宅急便」は宮崎駿氏によりアニメ映画化され大ヒットしました。また「アッチ コッチ ソッチのちいさなおばけシリーズ」(ポプラ社)は全部で23冊、たくさんの小さなお友達に読みつがれています。その他の作品については魔女とおばけの本棚を見てください。

講演

2002年秋 スイスのバーゼルでの講演 IBBY(国際児童図書評議会)主催
「見える世界と見えない世界」
日本語   英文(ENGLISH)

趣味 ●ブラジルの音楽を一人で踊りながらきくこと。
(だれにも見せない。はずかしいので)
旅行 過去の旅行
●船でブラジルまで2ヶ月。地球を半周しました。
●昔、シトロウエンの4CVという小さな車でヨーロッパを9000キロ旅しました。
●魔女に会いにルーマニアやドイツを旅しました。
好きな
食べもの
●おじゃこ(小さな干したお魚) ●ごはん ●おつけもの ●おこぜのからあげ ●くさいチーズ
大好きな
もの
●カヤというシーズー犬
●絵を描くこと(こんな絵もかきます)

ホーム * リンク * 角野栄子への質問 *